2007年12月04日

「エースをねらえ」第1話〜第9話




 この商品は送料無料です。 エースをねらえ!ファイナルステージ DVD??BOX

■ストーリー

「エースをねらえ」は、テレビ朝日の開局45周年記念ドラマとして、2004年1月15日から3月11日まで、全9回にわたり放送されました。原作は、山本鈴美香の漫画「エースをねらえ」です。スポ根漫画が大流行していた当時ですが、「エースをねらえ」は少し異なる作品として、連載されていました。

主人公・岡ひろみは、エリート選手とは言えない存在で、テニス部の活動に、そんなに熱心になるつもりもなく、「お蝶夫人が素敵だから」という程度の理由で、テニス部に入部しました。しかし、その素質を宗方コーチに見出され、宗方コーチの猛特訓を受けることとなります。一方で、岡ひろみにばかり、熱心に指導をする宗方コーチへ、他の部員からの反発は高まります。

そんな岡ひろみが、テニスの腕を磨くと共に、精神的にも成長し、やがて世界の舞台で活躍するようになる姿を描いたテレビドラマが「エースをねらえ」です。

原作の漫画は、1970年代当時に、現実のテニス界で大活躍していた実在選手たちのエピソードが盛り込まれ、リアリティが追求されていました。また、福田雅之助による「庭球訓」が織り込まれている一方で、「魔球など存在しない」という発言がされるなど、他のスポ根ドラマとは異なるスタンスで描かれた作品といえます。

■キャスト

# 宗方仁:内野聖陽
# 岡ひろみ:上戸彩
# 藤堂貴之:吉沢悠
# 竜崎麗香:松本莉緒
# 緑川蘭子:酒井彩名
# 尾崎勇:石垣佑磨
# 音羽京子:金子さやか
# 愛川牧:森田彩華
# 千葉鷹志:柏原収史
# 竜崎総一郎:夏八木勲(特別出演)
# 宝力冴子:ベッキー
# 太田健作:甲本雅裕
# 岡美智子:高橋ひとみ
# 岡修造:高橋克実
# 塩山みさこ
# 平岩紙
# 若葉由奈
# セイラ
# 斉藤ゆり
# 神崎詩織
# 小野麻亜矢
# 大久保綾乃
# 桜川博子
# 長谷川恵美
# 水野はるか

■無料動画

STORY1 鬼だ…鬼コーチだ

【パンドラ】[01-01]

STORY2 コートでは、誰でも一人だ

【パンドラ】[01-01]

STORY3 あたくしかテニスか!?

【パンドラ】[01-01]

STORY4 これが本物のダブルス

【パンドラ】[01-01]

STORY5 恋をしても溺れるな

【パンドラ】[01-01]

STORY6 テニスへの冒涜

【パンドラ】[01-01]

STORY7 絶対無二の一球

【パンドラ】[01-01]

STORY8 ひろみ、最後よ

【パンドラ】[01-01]

STORY9 岡、エースをねらえ

【パンドラ】[01-01]
posted by リョウコ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 「え」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

魔球 の情報を最新ブログで検索してみると…
Excerpt: 魔球に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
Weblog: マッシュアップサーチラボ
Tracked: 2007-12-05 03:21

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。