2007年12月29日

「古畑任三郎」(3)第1話〜第11話



 古畑任三郎 3rd season DVD-BOX


「古畑任三郎」第3シーズンは、「今までとは違う古畑」を目指したシーズンとして、話題となりました。

「古畑任三郎」第3シーズンは、古畑が全く捜査に参加しないという場合もあり、さらには、事件そのものが起こらないという話もありました。また一方で、殺害方法に様々な趣向を凝らしており、ミステリー性を高める工夫もされていました。また、新キャラクターの採用もあり、西園寺・花田など新レギュラーが投入されました。しかし、花田の役割(視聴者の視点を持ち、解決編前に物語のあらましを整理し・説明する役割)というものが、中途半端な感もありました。

また「視聴者からのハガキを読む」という演出を行うなど、新しい試みがありました。

「古畑任三郎」第3シーズンは、連続ドラマとしては異例の、スペシャル(第27回)放送の翌週からのスタート、という形を取り、いかに人気が高かったかということが、伺える状況となっていました。第37回・第38回は編成上2時間スペシャルが組めない事などから前・後編の体裁となっていますが、そのような事情がなければ、2時間スペシャルとして放映されていたことでしょう。


■キャスト
古畑任三郎 (田村正和)
今泉慎太郎 (西村雅彦)
向島音吉 (小林隆)
西園寺守 (石井正則)

1. 若旦那の犯罪(市川染五郎)

【nico】[1-2][2-2

【パンドラ】[1-2][2-2



2. その男、多忙につき(真田広之)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



3. 灰色の村(松村達雄 )

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



4. アリバイの死角

【パンドラ】[1-1



5. 再会(津川雅彦)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



6. 絶対音感殺人事件

【パンドラ】[1-1



7. 哀しき完全犯罪(田中美佐子)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



8. 頭でっかちの殺人(福山雅治)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



9. 雲の中の死

【パンドラ】[1-1



10. 最後の事件・前編

【パンドラ】[1-1



11. 最後の事件・後編

【パンドラ】[1-1



posted by リョウコ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ふ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。