2007年12月29日

「古畑任三郎」(1)第1話〜第12話


古畑任三郎 DVD-BOX

「古畑任三郎」第1シーズンは、タイトルは『警部補古畑任三郎』として放送されました。後にシリーズ化されていくのですが、第2シリーズにおいて「古畑任三郎」とタイトルが改められて、放送されるようになっています。また、現在は、古畑の衣装は黒の開襟シャツが定番となっていますが、第1シリーズでは、茶色、青、紫など、各話ごとにシャツの色を変える、など、様々な工夫がなされていました。

「古畑任三郎」第1シーズンに含められている、「第8回」は、三谷幸喜が脚本を務めた『振り返れば奴がいる』の後日談、という要素があります。三谷幸喜のファンとしては、非常に見ごたえのある作品であった、といえるでしょう。

また、この頃は「助手・今泉」に「慎太郎」という名前がつけられていなかった、という特色もありました。第3回までの今泉は、ごく普通の刑事であり、第5回では古畑に頼らず死亡推定時刻を導き出すなど、一応、刑事としての一般的な技能は持っているものと推察されます。しかし、回・シリーズが進むにつれ、コメディアン的な要素を割り振られ、当初の今泉とは違う雰囲気がありました。


■キャスト

古畑任三郎 (田村正和)
今泉慎太郎 (西村雅彦)
向島音吉 (小林隆)
西園寺守 (石井正則)

第1話 死者からの伝言(中森明菜)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



第2話 動く死体(堺正章)

【nico】[1-1


【パンドラ】[1-1



第3話 笑える死体(古手川祐子)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



第4話 殺しのファックス(笑福亭鶴瓶)

【nico】[1-1


【パンドラ】[1-1



第5話 汚れた王将(坂東八十助)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



第6話 ピアノ・レッスン(木の実ナナ)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



第7話 殺人リハーサル(小林稔侍)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



第8話 殺人特急(鹿賀丈史)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



第9話 殺人公開放送(石黒賢)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



第10話 矛盾だらけの死体(小堺一機)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



第11話 さよなら、DJ(桃井かおり)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1



第12話 最後のあいさつ(菅原文太)

【nico】[1-1

【パンドラ】[1-1




posted by リョウコ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ふ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。