2007年12月23日

「TEAM」第1話〜第11話

「TEAM」(チーム)は、フジテレビ系列で1999年10月から12月に放送されたテレビドラマです。その後、2時間スペシャルの続編が放映されることもあり、続編は主に、金曜エンタテイメント枠などで放送されています。

「TEAM」(チーム)は、キャッチコピーとして「ひとりは子供を悪魔と信じる ひとりは子供を天使と信じる 最低で最高な二人」という言葉を掲げています。

「TEAM」(チーム)には、そのような「子ども」に対する見方を、「大人のイメージを押し付けていないか?」「いつまでも子どもだと思っていないか?」「もう大人だと想っていないか?」といった、様々な観点から検証することのできるドラマです。実際、視聴者にも「子ども」をどう思うかという、様々な考え方があるはずであり、視聴者の思っていることが、この二人を通して言われるために、ドラマ全体として好評でした。

「TEAM」(チーム)には、少年が膝を金属バットで粉砕するなどの残虐なシーンもありましたが、その点については、やりすぎ、という批判や、模倣犯が出ることを懸念する声もあがりました。


第1話 犯人の名は未成年

【パンドラ】[1-1



第2話 いじめる子供いじめられる子供

【パンドラ】[1-1



第3話 顔のない犯罪者

【パンドラ】[1-1




第4話 動けば、爆発する

【パンドラ】[1-1



第5話 鬼刑事と援助交際

【パンドラ】[1-1



第6話 美人女教師と男子生徒の恋の行方

【パンドラ】[1-1




第7話 女課長、襲われる

【パンドラ】[1-1



第8話 町が荒れている

【パンドラ】[1-1



第9話 最後の事件

【パンドラ】[1-1




第10話 丹波、撃たれる

【パンドラ】[1-1



第11話 別れ

【パンドラ】[1-1

ラベル:TEAM
posted by リョウコ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「小さな運転士 最後の夢」全1話

「小さな運転士 最後の夢」は、日本テレビ系列、夏の恒例イベントである2005年の24時間テレビ28「愛は地球を救う」内で、2005年8月27日21:15から23:15まで放映された、テレビドラマです。視聴率26.6%という過去最高視聴率記録を出しました。また、この翌日、14分間ほどの「小さな運転士 もうひとつの江ノ電物語」という、「小さな運転士 最後の夢」の主人公・トモ君の生前の映像を含めた、メイキングが放映されました。

「小さな運転士 最後の夢」は、拡張型心筋症という難病を抱えた少年「トモ君」が、電車運転士になりたい、という夢をもちながら、闘病生活を続けていた、そのことにまつわる物語で、江ノ島電鉄における実話を元に、構成されています。

24時間テレビは、チャリティー・イベントという要素については、よく分かるのですが、一つ一つの企画には「何のためにやっているのか?」が分かりにくく、単なるお祭り騒ぎに終わっているように見える企画もあります。しかし「小さな運転士 最後の夢」を始めとする、メッセージ性の強い様々なドラマが企画されるようになり、「分かりやすい24時間テレビ」に戻りつつあると、いえるでしょう。





■キャスト

西田和宏:阿部寛
西田裕美:和久井映見
西田朋久:鮎澤諒(2歳時)→小林三起(4歳時)→中島裕翔・Hey! Say! 7(9??16歳時)
里中千津子:余貴美子
佐伯誠:竜雷太
高梨洋平:草塙筺米段冥弍蕁府
奈良橋進:田山涼成
国光康晴:伊藤正之
村木早苗:清水ゆみ
松木高史:樋口浩二
教習所教官:でんでん
産婦人科医:菅原大吉
看護師:桑原裕子、春木みさよ

【パンドラ】[1-1

posted by リョウコ at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ちびまる子ちゃん」全3話+全3話




■送料無料+10%OFF■ドラマ DVD【15周年記念ドラマ ちびまる子ちゃん】 06/10/27発売

「ちびまる子ちゃん」は、フジテレビ系列にて19:00から20:54まで、「カスペ!」枠にて放映されたテレビドラマです。3篇のオムニバスドラマとして、放映されました。視聴者の期待を反映して、。視聴率は22.8%(ビデオリサーチ調べ)を記録しました。なお、東海テレビ(中日対阪神戦)・テレビ新広島(広島対横浜戦)は、野球中継との兼ね合いもあり、後日に放送となりました。後日とは、東海テレビは4月23日の13:00から14:55まで、テレビ新広島は4月22日の12:00から13:56まで、の放映となりました。

「ちびまる子ちゃん」は、あまり、メッセージ性の強い物語ではなく、「サザエさん」などのような、ホームドラマ、コメディドラマの要素が強いです。また、漫画・アニメで独特の線・描写のイメージが出来上がっている分、実写版がどれだけ、その雰囲気をかもし出すことが出来るか、ということには、期待と興味もありました。その面では、「ちびまる子ちゃん」テレビドラマ版は、成功した分野に入るといえるでしょう。

また、2006年10月31日(4月同様「カスペ!」枠で放送)には、ドラマ第2弾が放送されています。


■キャスト

主演:さくらももこ(まる子)(演:森迫永依)
ももこの友達:穂波たまえ(たまちゃん)(演:美山加恋)
ももこの父:さくらヒロシ(演:高橋克実)
ももこの母:さくらすみれ(演:清水ミチコ)
ももこの姉:さくらさきこ(演:福田麻由子)
ももこの祖父:さくら友蔵(演:モト冬樹)
ももこの祖母:さくらこたけ(演:市毛良枝)
ももこの担任の先生:戸川秀之(演:笠井信輔(フジテレビアナウンサー))
花輪和彦(演:馬宮輝)
丸尾スエオ(演:佐藤和也)
浜崎のりたか(はまじ)(演:米谷真一)
野口笑子(演:甲野優美)
永沢君男(演:槇岡瞭介)
藤木茂(演:佐藤敦士)
みぎわ花子(演:熊谷杏実)
冬田さん(演:矢口蒼依)
長谷川健太(演:児玉真楽)
山田笑太(演:小林京雄)
富田太郎(ブー太郎)(演:望月佳一 永澤菜教)
土橋とし子(演:朝日梨帆)
長山治(演:植田大輝)
城ヶ崎姫子(演:奥ノ矢佳奈)
山根つよし(演:大森弘貴)
小杉太(演:小杉茂一郎)
大野けんいち(演:伊藤大翔)
杉山さとし(演:吉野翔太)
穂波真太郎(たまえの父)(演:八嶋智人)
西城秀治(演:下條アトム、第2弾から出演しており、特別出演扱い)
佐々木のじいさん(演:きたろう、第2弾は出演せず)
爆チュー問題(爆笑問題、エンディングで特別出演)

第1話 まる子ちゃんのゆかいな生活

【Youtube】[1-3][2-3][3-3



第2話 仲良しの集い

【Youtube】[1-4][2-4][3-4][4-4




第3話 たまちゃん、大好き

【Youtube】[1-4][2-4][3-4][4-4


2006年10月31日(4月同様「カスペ!」枠で放送)には、ドラマ第2弾が放送された。


第1話「まる子、作文に悩む」

【Youtube】[1-4][2-4][3-4][4-4



第2話「まる子、ウソをつく」

【Youtube】[1-3][2-3][3-3




第3話「さくら家、大ピンチ」

【Youtube】[1-4][2-4][3-4][4-4
posted by リョウコ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 「ち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「父の海、僕の空」全1話




24時間テレビドラマスペシャル 父の海、僕の空(DVD) ◆20%OFF!


「父の海、僕の空」は、24時間テレビドラマスペシャルの枠で放映された、単発ドラマです。

ミュージシャンを目指す息子と、ガンを宣告され闘病をする父の、心の交流と、やがて息子が決断をするまでの成長ぶりを描いています。24時間テレビという企画そのものが、「チャリティーという目的そのものは、理解できるが、よく分からない企画が多い」という批判も増えてきているのは事実でもあります。そこで、スペシャルドラマとして、メッセージ性の強いヒューマンドラマを放映するなど「わかりやすい」工夫も必要になってきた、といえます。

「父の海、僕の空」は、父がガンで余命宣告を受けたことをきっかけに、ミュージシャンの夢を諦めて、実家に帰ろうとする息子が、父の姿を見て、「それは違うのではないか」と気がつく、というストーリーです。というのは、父は作曲を行っていて、ガンの闘病中であっても、作曲をやめないほどの情熱を見せるのです。父のそのような姿を見て「父のために、実家に帰る」という息子の決断が、果たしてどのようなものか、と考えさせられます。

父の夢、作曲家デビューを果たすために、奔走する息子は、やがて自分自身の生き方について、ある決断をするのです。


【Youtube】

01-10][02-10][03-10][04-10][05-10

06-10][07-10][08-10][09-10][10-10


posted by リョウコ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

「着信アリ」第1話〜第10話





着信アリ DVD??BOX〈5枚組〉

「着信アリ」は、秋元康の小説を原作としたテレビドラマです。テレビ朝日で、金曜ナイトドラマ「着信アリ」として、2005年10月14日から12月16日にかけて、全10話にわたり、放送されました。

「着信アリ」は、秋元康の小説をもとにした、映画「着信アリ」の成功を受けて、テレビドラマ化されたものです。テレビドラマ版「着信アリ」の主題歌は「Heart」(D.D.D)でした。また、テレビドラマ版をさらにノベライズした「着信アリ テレビドラマ版」も制作されています。

「着信アリ」は、「死の予告電話」の噂にまつわる真相を、出版社に勤めている中村由美が探っていく、という物語です。ある日、中村由美は女子高生・佐々木裕子が歩道橋から転落死する場面を目撃してしまい、事情聴取をを受けます。そこでキャリア刑事・仙堂孝之に呼び止められ「事件の捜査に協力してほしい」と頼まれます。きっぱり断った由美ですが、その翌日、出版社での突然の人事異動で、なんと「特命ウォッチ」編集部へと異動になります。なんと、この異動は刑事・仙堂が仕組んだことだったのです。


■キャスト

中村由美(中村亜美)(26)/菊川怜
仙堂孝之(35)/石黒賢
佐久間誠一(45)/升毅
川島武弘(27)/深水元基
大山雄介(25)/中山夢歩
森尾真紀(35)/野田よし子
岡野美里(26)/木内晶子
西野杏(26)/中山恵
東カンナ(23)/菊地美香

第1話 ノロワレタ女子高??死を呼ぶ予告電話の謎

【Youtube】[1-5][2-5][3-5][4-5][5-5



第2話 留守電に残る謎の声??仕組まれた催眠トリック

【Youtube】[1-5][2-5][3-5][4-5][5-5




第3話 二つの顔を持つ殺人鬼??留守電が暴く仮面の正体

【Youtube】[1-5][2-5][3-5][4-5][5-5



第4話 テレビ公開除霊??死の瞬間を実況された女生徒!

【Youtube】[1-5][2-5][3-5][4-5][5-5




第5話 携帯を握った白骨死体の謎??目覚めた学園の呪い

【Youtube】[1-5][2-5][3-5][4-5][5-5



第6話 飢餓が招いた殺意

【Youtube】[1-5][2-5][3-5][4-5][5-5




第7話 蘇る復讐の母子霊??暴かれた11年前の完全犯罪!

【Youtube】[1-5][2-5][3-5][4-5][5-5



第8話 最愛の妻に呪が!??ビデオレターに隠された秘密

【Youtube】[1-5][2-5][3-5][4-5][5-5




第9話 最終章??刺殺された編集部員最後のスクープ映像

【Youtube】[1-5][2-5][3-5][4-5][5-5



最終話 明らかになる呪の正体と驚愕の真犯人

【Youtube】[1-5][2-5][3-5][4-5][5-5




ラベル:着信アリ
posted by リョウコ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ち」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。