2008年01月04日

「ゆくな!龍馬」第1話〜第4話


「ゆくな!龍馬」は、2005年8月31日から2005年9月21日まで、全4回にわたり放送された、テレビドラマです。

「ゆくな!龍馬」の物語は、有崎もみじ(演じるのは加藤ローサ)が、自殺を図ろうとビルの屋上にいるところから、スタートします。ビルの屋上にいくまでには、有崎もみじにとっては、さまざまなことがあって、精神的に追い詰められていたのですが、死んでしまっては取り返しがつきません。

そんな有崎もみじの前に、坂本龍馬と中岡慎太郎が突然現れます。現代にタイムスリップした坂本龍馬と中岡慎太郎を演じるのは、石垣佑磨と桐谷健太です。

有崎もみじは、とある饅頭屋で働いているのですが、団子屋の土地を狙っている、李梅朱というIT企業社長がいます。また、徳山正臣という職人は、饅頭屋で働いていたが独立し、もみじの働いている饅頭屋をライバル視しています。このような様々な事情に追い詰められ、もみじは疲れてしまったのです。


* 坂本龍馬・・・・・・石垣佑磨
* 中岡慎太郎・・・・・・桐谷健太
* 有崎もみじ・・・・・・加藤ローサ

自殺未遂をする、饅頭屋で働く少女。

* 李梅朱・・・・・・平山祐介

IT社長。団子屋の土地を狙っている。

* 今田金時・・・・・・だいたひかる

占い師。

* 徳山正臣・・・・・・森下能幸

饅頭屋で働いていたが独立し、もみじの働いている饅頭屋をライバル視している。

* 後藤佐那・・・・・・入山法子
* 有崎祐子・・・・・・中山忍
* 有崎幸太郎・・・・・・松重豊
* 大竹浩一(劇団SET、第4話出演)
* 出口哲也(劇団SET、第4話出演)
(wiki)


第1話 薩長同盟

【パンドラ】[1-1



第2話 海援隊

【パンドラ】[1-1



第3話 大政奉還

【パンドラ】[1-1




第4話 船中八策(終)

【パンドラ】[1-1


ラベル:ゆくな!龍馬
posted by リョウコ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ゆ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「夢のカリフォルニア」第1話〜第11話




夢のカリフォルニア DVD-BOX(DVD) ◆20%OFF!

「夢のカリフォルニア」は、TBS系列で、2002年4月12日から6月28日まで放送されたテレビドラマです。「金曜ドラマ」枠で放送されました。主演をつとめたのは堂本剛です。

「夢のカリフォルニア」の主人公・山崎終は、毎日を平凡に暮らしている大学生です。大学も、山崎自信が三流大学だと思っており、学業に熱心になる、ということもない日々を送っています。何処にでもいるようなごくごく普通で、少し無気力な大学生といえるでしょう。

しかし、山崎終の元に、中学の同窓会の知らせが届きます。山崎は出席する事にしますが、同窓会を境として、終の人生に変化が起きはじめます。それは、恋ということにより、山崎の毎日が活き活きとしたものになり始めたから、といえるでしょう。単なるラブストーリーというだけではなく、「夢のカリフォルニア」というタイトルからも想像ができるように、「理想の世界」のようなものを目指して、山崎と大場琴美が奮闘する姿を描いた物語、とも言えます。


■キャスト

山崎終・・・堂本剛
大場琴美・・・柴咲コウ
麻生恵子・・・国仲涼子
竹内春樹・・・海東健
中林倫太郎・・・田辺誠一
遠山清美・・・北川弘美
宗石亨・・・野村宏伸 
樋口孝平・・・安居剣一郎
庄田・・・鈴木ヒロミツ
芳村・・・村松利史
門倉由美・・・未來貴子
主任・・・森山米次
山崎始・・・宮藤官九郎 
山崎響子・・・余貴美子
山崎次男・・・岸部一徳

1. 運命を変えた一夜

【Daum】[1-4][2-4][3-4][4-4

【パンドラ】[1-1




2. 君を抱きしめたい

【Daum】[1-3][2-3][3-3

【パンドラ】[1-1



3. はじめての笑顔

【Daum】[1-3][2-3][3-3


【パンドラ】[1-1



4. 君が突然消えた夜

【Daum】[1-3][2-3][3-3

【パンドラ】[1-1




5. 一緒に迎えた朝

【Daum】[1-3][2-3][3-3

【パンドラ】[1-1



6. 思いがけない告白

【Daum】[1-3][2-3][3-3


【パンドラ】[1-1



7. 抑えきれない思い

【Daum】[1-3][2-3][3-3

【パンドラ】[1-1




8. あてなき旅立ち

【Daum】[1-3][2-3][3-3

【パンドラ】[1-1



9. 僕らが夢見た世界

【Daum】[1-3][2-3][3-3


【パンドラ】[1-1



10. 別れ…最後の約束

【Daum】[1-3][2-3][3-3

【パンドラ】[1-1




11. 愛に満ちた世界

【Daum】[1-3][2-3][3-3

【パンドラ】[1-1


posted by リョウコ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ゆ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「有閑倶楽部」第1話〜



「有閑倶楽部」は、一条ゆかりの漫画作品をを原作とするテレビドラマです。日本テレビ系で、2007年10月16日より放映されています。毎週火曜日午後10時からという放送時間枠も、制作サイドの自信と期待を表していると言えるでしょう。主演はKAT-TUNの赤西仁がつとめ、赤西にとっては、連続ドラマ初主演となります。また、2005年の同局系「anego」以来、2年4か月ぶりのドラマ出演とも言えます。

「有閑倶楽部」は、聖プレジデント学園を舞台とする物語です。個性豊かな6人組・通称「有閑倶楽部」のメンバーは、お金持ちの御曹司であったり、成績優秀であったりと、非常に存在感のある6人組です。彼らは、金と暇に飽かしつつ、大小さまざまの事件に首を突っ込むということ、さらに、各々の、様々な才覚を発揮することで、事件を解決していくということとなります。

お金持ちの御曹司が登場するだけあって、世界を股に掛けて織りなすアクションコメディドラマとして、非常に楽しい仕上がりとなっています。また、登場人物の名前に酒の銘柄を使っている場合が多いです。



有閑倶楽部 (1-19巻 全巻)

■キャスト

松竹梅魅録:赤西仁 (KAT-TUN)


ラベル:有閑倶楽部
posted by リョウコ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ゆ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ユウキ」全1話


「ユウキ」は、日本テレビ系列で、2006年の24時間テレビ29「愛は地球を救う」絆〜今、私たちにできること〜内で放映された、スペシャルドラマです。視聴率約23% 最高瞬間視聴率約28%を記録しています。

「ユウキ」とは、主人公の青年の名前です。ワーキングホリデーを利用しオーストラリアを旅行していた青年・ユウキは、仲間たちとともに、安宿に泊まりながら、アルバイトをし、休日にはバーベキューを楽しむ、といった青春を謳歌していました。

ある日、身体に異変を感じ現地の医療機関を受診します。すると日本への帰国と、精密検査を勧められます。帰国後、入院を余儀なくされたユウキのもとへ、仲間たちが次々と訪れます。ユウキは23時間に及ぶ大手術を乗り越え、なんと後に、フルマラソンに挑戦するまでになります。そんなユウキの姿に、仲間たちは勇気付けられます。

残念ながらユウキの体を病魔が蝕み、ついにユウキは力尽きてしまいます。しかし、ユウキの残した言葉は、仲間たちの心に、深く刻まれています。

「時計の針は、走り続けています。だからその一瞬一瞬を大切にしましょう。」

仲間たちはユウキに「ありがとう」と言います。


【パンドラ】[1-2][2-2


ラベル:ユウキ
posted by リョウコ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ゆ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。